音符と休符

4分で読めます。

音符とは、楽譜の中で音の長さや高さを表す記号です。

音符のパーツ
音符のパーツ。それぞれ、1:はた(符尾)、2:ぼう(符幹)、3:たま(符頭)と呼ぶ。

この記号が表すものはどれも相対的です。
例えば、実際の音の高さは置かれた位置と音部記号で、長さはテンポなどによって変わります。

音符と音階
音符と音階。音符は置かれた場所によって音の高さが決まる。

また音符は音を出すタイミングを表すのに対し、音を出さないタイミングを表すのが休符です。
休符はリズムや歯切れの良さに影響するので、音符と同じか、それ以上に重要です。

音符と音価

音符は、形によって音価が異なります。
音価とは、音の長さを示す相対的な尺度で、全音符を基準に考えます。

全音符と全休符

音符を分割
左から全音符~64分音符。8分音符以降ははたの数が増えていく。さらに分割された音符も存在する。

全音符は4分音符4つ分の長さを表します。
これは、4分の4拍子の1小節と同じ長さです。
また、4分音符は全音符の4分の1の長さの音符です。
相対的な関係が続くと分かりにくいですが、音符や休符の長さはこうして決まります。

休符

音符と休符
全休符から512分休符まで。音符も休符も際限なく分割していくことが可能だが、演奏で表現することは難しい。

一方、全休符は4分音符1小節分の休みではなく、1小節分の休みを表します。
ただし、2分休符未満の休符は音符と同じ長さです。
音符と休符にはこのような違いがあるので、注意が必要です。

音符を分割

1小節の半分は2分音符、2分休符です。
「2分」は「2分の1」の2分と考えると覚えやすくなります。
先ほど登場した4分音符と4分休符は、2分のさらに半分の音価です。
こうして同じように音価を半分にしていったものが、8分、16分、32分音符・休符です。
楽譜によっては、音価が32分の半分の64分音符・休符が登場することもあります。

付点音符

付点音符
付点音符と複付点音符。理論上、複付点音符にさらに点を足すことはできる。

音符や休符の右上に点を付けたものが付点音符と付点休符です。
その違いは音価で、点が付くと音の長さは元の1.5倍になります。
これは、元の音符の半分が足されたと考えると分かりやすくなります。
例えば、付点2分音符は2分音符の半分である4分音符が足されます。
つまり、付点2分音符は4分音符3つ分の音価を持ちます。

複付点休符

複付点音符と複付点休符は、音符の右上部に点を2つ付け、音価を変化させたものです。
その音価は、元の音符の1.75倍です。
これは、元の音符の半分の長さとさらにその半分を足した長さです。
ちょっと数学っぽいですね。
ちなみにあまり見かけないのですが、点が3つで1.875倍の長さを表す3重付点音符もあります。

連音符

3連符
4分音符を3連符に分割。後半に登場するように、3つに分割した音符の前2つをつなげると跳ねるようなリズムが生まれる。

音符をある間隔で分割した音符が連音符です。
3分割の3連符は耳にする機会が最も多い連符で、単調なリズムへの特効薬です。
連符は同じ間隔で分割し弾きますが、作者や指揮者によっては間隔が変わります。
その他、5、6、7、9連符など、より複雑なものもあります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。