Windows用音楽プレイヤーとその特化した機能(聞々ハヤえもん、Sound Player Lilith、Wave File Player、Winamp)

6分で読めます。

Windows用の音楽プレイヤーには、Windows標準のWindows Media Playerの他にも様々なものが存在します。これらの中には耳コピなどの聞き取りに特化したものから、音質や操作・拡張性に特化したものまで様々なものがあります。ここでは、非常に優れていると感じたそれら様々な音楽プレイヤーの一部を紹介していきます。

hayaemon.JPG

聞々ハヤえもん


「聞々ハヤえもん」は再生速度や音程の変更が可能な、耳コピや英語のリスニング練習、テープ起こし等に特化した音楽プレイヤーです。WAVE、MP3、Ogg Vorbis、WMA などのフォーマットに対応しています。
ソフトウェアの特徴として、「聞々ハヤえもん」は聞き取るために必要な機能に特化しており、そうするために必要な操作が非常に分かりやすくなっています。例えば、基本的な再生速度の変更の他に、ABリピート機能やマーカー機能が備わっています。これらの機能は選択した区間のみ再生することを可能にします。他にも、プログラム自体のサイズが1MBと非常に軽量で軽快に動作するといった点も長所と言えます。
こういった点から、すぐに耳コピ作業を始めることができますし、直感的な操作感で耳コピ作業に集中できるのでおすすめです。

lilith.JPG

Sound Player Lilith


「Sound Player Lilith」は音楽の再生音質とインターフェースのグラフィック、そしてプログラムの軽量性に重きを置いた音楽プレイヤーです。
再生に関しては、MP3、Ogg Vorbis、Flac、OggFlac、Windows Media等の様々なファイル形式に対応し、OggVorbis, Flac, OggFlac等へのエンコードにも対応しています。また、DAW等ではお馴染みにVSTエフェクトプラグインを追加することで音楽に立体感を加えるなど様々なエフェクトを使用できます。そして、これが一番の魅力ですが、ASIOに対応しているということで、音がWindowsのミキサを経由することによる音の変化を回避することができます。
ASIOはオーディオを入出力するために用いられるプログラムですが、対応するサウンドカードやソフトウェアでは音がWindowsのミキサを経由しなくなります。これにより、音の遅延や音楽ファイルの本来の音の変化を防ぐことができるようになります。ASIO4ALLといったプログラムをインストールすることでLilithでASIO再生が可能となるので、試してみると良いかもしれません。
Lilithはグラフィックの美しい再生音質特化プレイヤーですが、軽快に動作するよう作られているので、視聴用としては非常に優秀です。ただ、ファイルの管理機能はWinampに軍配が上がります。

Wave File Player.JPG

Wave File Player


「Wave File Player」はWAVE形式の音源ファイルを再生することに特化した音楽プレイヤーです。この音楽プレイヤーは「質の高い再生ができること」と「安定かつ、いつ聴いても同じ音であること」を目的としています。そのため、WAVEファイルを一切加工せずそのまま再生します。
この音楽プレイヤーはプロの分野でもレコーディングスタジオやマスタリングスタジオでの検聴にも使われているようです。機能は不必要なものが全てそぎ落とされており、再生と停止、ポーズ、ファイルの選択、インターバルの設定、ファイル情報の表示など、ウィンドウに表示されている機能が全てです。
音質に関しては、WAVE形式のみを本来の音で再生するということもあり申し分ありません。しかし、「Wave File Player」を常用するとなるとかなりのハードディスク容量を必要とすることになります。また、機能はシンプルですが、これがかえって集中して視聴できる環境を作り出してくれているといえます。

Winamp.JPG

Winamp


「Winamp」は音楽だけでなく動画ファイルの再生も可能なマルチメディアプレイヤーで非常に有名です。こちらはMP3やWAVE、Ogg Vorbis、MIDIだけでなく、AVIやMPEG等の動画ファイルの再生に対応しています。
ソフトウェアの特徴としては、優れたグラフィックと、使いこなすまでには少し時間がかかりますが様々な機能を持つインターフェイスが様々なファイルの再生を手助けしてくれます。フォルダやファイルの管理と検索、分類に便利な様々な機能を提供してくれます。
また、様々なプラグインに対応しているので、Flac形式等を再生可能にしたり「聞々ハヤえもん」のような再生補助機能を追加することも可能です。ちなみに「WINAMP5用 Shibatch mpg123プラグイン 改悪バージョン」のような再生を行うプログラム自体を変更するということもできます。
ただ、Winampは高機能・拡張性と引き換えに起動がやや遅く、操作方法を覚えるまで機能が分かりにくいといったデメリットがあります。しかし、耳コピ用途にも十分な機能を果たしてくれますし、通常の視聴用途にも全く問題なく、ファイルやフォルダの管理に関しては非常に優れています。ですので、Winampを自分の好きなように強化していくのもおすすめです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。