エレキギターの低価格コーラス・エフェクター(ARION・SCH-Z、SCH-ZD)

3分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたコーラス・エフェクターについて紹介していきます。

ARION・SCH-Z、SCH-ZD

ARION SCH-Z TEST
TUBULATORといった低価格エフェクター製造で有名な、ARIONの代名詞とも言える傑作コーラスがSCH-Zです。本機はコーラスの周期・深さ・音の明るさを決めるレイト、デプス、トーンといったパラメータをコントロールでき、モード・スイッチの操作でダイレクト・モードとステレオ・モードに切り替えることが可能です。
ARION SCH-Z Stereo Chorus
SCH-Zをステレオで使用する場合、ダイレクト・モードでは原音とエフェクト音が別々のアウトプットから、ステレオ・モードではそれぞれからエフェクト音が出力されます。また、ARIONのエフェクターはプラスチックのボディなので耐久性にやや不安さが残りますが、壊れても簡単に買い直せる値段なのが救いです。

欠点として、SCH-Zは他の低価格帯エフェクター同様にノイズがやや乗りやすく、またBEHRINGERのもののように各エフェクターの作りにばらつきがありそうです。しかし、SCH-Zのコーラス音は綺麗で爽やかですが低音域も出ており、強すぎず自然な掛かり方をするので、コーラスとしての機能は十分です。

ちなみに、SCH-Zはエフェクトの使用で音量が上がることが分かっており、これを修正したSCH-ZDというモデルもあります。SCH-ZDはSCH-Zと比較すると価格が上ですが、音量が上がるとアンプやエフェクターの歪みの掛かりが変わることも多いので、それが問題になる場合にはこちらを使用することになります。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。