エレキギターの低価格コンプレッサー・エフェクター(BEHRINGER・CS400 Compressor/Sustainer、ARION・SCO-1)

3分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、低価格でも実用に耐えうる、コストパフォーマンスに優れたコンプレッサー・エフェクターについて紹介していきます。
CS400 Part1 [BEHRINGER]

BEHRINGER・CS400 Compressor/Sustainer

BOSS・CS-3をお手本に作られたかのような機能やパラメータなどが特徴の、安価なコンプレッサーがBEHRINGER・CS400 Compressor/Sustainerです。使い方は一般的なコンプレッサー同様に非常にシンプルで、エフェクトにより音量が均一になりピッキングの音量差が無くなります。
CS400 Part2 [BEHRINGER]
各ツマミに関しては、LEVELで音量を、TONEで高音域の強さを、ATTACKでエフェクトの反応速度を、SUSTAINで音の伸びを調整することが可能です。そして、これらのツマミを適切に設定すればクリーントーンやカッティングプレイをより明るくリズミカルにすることができます。

また、CS400はCS-3と同様に、LEVELを上げておくことで歪みに対するブースターとして利用することもできます。CS400のコンプレッサーとしての性能は全く問題ないので、とにかくコンプレッサーというエフェクトを試してみたい、他の機材に予算を回したい、といった場面で本機が役立ちます。
arion sco-1 compressor

ARION・SCO-1

TUBULATOR、SCH-Zといったコストパフォーマンスに優れた様々な名機を多く世に生み出している日本のメーカー、ARIONのコンプレッサーがSCO-1です。そのツマミはCS400といった一般的なコンプレッサー同様に、LEVEL、TONE、SUSTAIN、ATTACKを調節することでピッキングの強弱の差を緩和します。
また、ARIONの他のエフェクター同様に、SCO-1もまたステレオ出力に対応しています。そして、スイッチを切り替えるとプリセットが変化するような形で、それぞれの端子に出力される音のアタックや音色を変化させることも可能です。

SCO-1はステレオ出力に対応しているユニークなコンプレッサーですが、その性能は一般的なコンプレッサーと同等以上です。そして音をパコッとさせる性能も健在なので、ひとまず本機があればコンプレッサーに困ることはありません。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。