エレキギターのハイエンド・コンプレッサー・エフェクター(PROVIDENCE・VELVET COMP、KEELEY・Compressorシリーズ)

5分で読めます。

コンパクト・エフェクターは、極限までコストダウンを実現させた安価な製品から、最良の音を目指してコストを度外視したハンドメイド品まで、様々なグレードのものがあります。ここでは、より高品質・高音質な音色を目的とした、上位機種のコンプレッサー・エフェクターについて紹介していきます。
Providence VLC-1 Velvet Compressor: Axis to Lionheart Clean Channel

PROVIDENCE・VELVET COMP

シールドケーブルやハイエンド寄りのエフェクターで知られる、PROVIDENCEの原音を損なわないタイプのコンプレッサーがVELVET COMPです。本機はギター用のコンプレッサーとして標準的なものが揃っており、SUSTAINは音を伸ばす時間を、ATTACKはピッキング時のアタックの強さを、LEVELは出力する音量を調節する際に使用します。
これらのうち、SUSTAINは実際には音が閾値を下回ってからエフェクトが解除されるまでの時間を調節しています。そのため、SUSTAINを短く取ることで瞬間的に音量の上昇を抑えるリミッターとしても使用できます。また、ATTACKは音が閾値を超えた際にエフェクトを掛け始める時間を調節しているので、時間を短くすることでアタック感を弱めることもできます。
providence-velvet-comp-VLC-1.mov
その他、本機はハードウェア面で特徴的で、音質の劣化を防ぐためのトゥルーバイパスを更に強化したシングル・コンタクト・トゥルーバイパス(S.C.T.)が使われています。これは入力された信号がスイッチ回路を経由する回数を減らすというもので、エフェクターの音痩せを気にするプレイヤーにとってはとても心強い仕組みになっています。

VELVET COMPは高級機に比べれば安めですが、それでも2万円弱とやや値が張ります。しかし、本機はコンプレッサーとしての標準的な機能を持つだけでなく、ユニークなアプローチで音痩せも考慮しているという面白いコンパクトペダルです。その上、コンプレッサーとしての機能もギター用に良くチューンされているので、クリーントーンだけでなく様々なエフェクトの音色を強化してくれます。
Keeley Compressor Pedal 4 Knob

KEELEY・Compressorシリーズ

原音を重視するコンプレッサーとしてよく知られる、ROSS Compressorを現代に蘇らせたコンパクトペダルがKEELEYのCompressorシリーズです。このシリーズは、サスティンとレベルの2つのツマミが表にあり、アタックとクリッピングが内部に隠れている「Compressor」と日本限定の「Compressor Vintage」、全てのツマミが表に出ている「Compressor C4」の3つで構成されます。
Keeley Compressor 2 Knob Demo – Country Guitar Tone
C4で表に出ているツマミのうち、Clippingは入力感度をコントロールするもので、Attackは音の立ち上がりを微調整できます。ちなみに、Clippingは出力が特別に高いピックアップを搭載したギターやベース、ギターとは音量が異なるキーボードに対応するために調節するツマミ(トリム)です。

また、ギター用のコンプレッサーはギターの直後に接続されることが多いエフェクターですが、開発者は本機をエフェクターとエフェクターの間へ接続する事も勧めています。これは、本機がギター用のコンプレッサーに留まらず、様々な用途に使用できるほどの設定の幅広さを持っているということを意味しています。

本機は3万円前後とそれなりのマルチ・エフェクターを購入できるほどですが、その値段に見合った音質を誇ります。クリーントーンで勝負する場合、ギターとアンプの他にもコンプレッサーの有無や性能が音色に前面に出てきます。そのため、ギターのクリーントーンを強化したい場合には、KEELEYのCompressor使用もまた1つの手段となるはずです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。