リアルタイムの演奏に真価を発揮する88鍵MIDIキーボード(M-AUDIO Keystation 88es、AKAI MPK88)

3分で読めます。

打ち込みによりハードウェア・ソフトウェア音源を再生していく場合、そのデータの入力効率はMIDIキーボードの有無に大きく変化されます。例えば、マウスと文字入力用のキーボードで入力スピードに雲泥の差があるように、マウスとMIDIキーボードでの入力速度にも大きな違いが生まれます。
ただし、この2つの例はどちらもキーボードに十分習熟していた場合に言えることかもしれません。それでも、MIDIキーボードは複数の音からなる和音や音の強弱を決めるベロシティ、リアルなリズムの入力には役立ちます。そこで、ここではピアノと似たような感覚で使用できる88鍵フルサイズMIDIキーボードについて紹介していきます。
M-AUDIO Keystation 88es

M-AUDIO KeyStation 88es

KeyStationシリーズはその安さとシンプルで十分な機能性により、使いやすさで群を抜いています。そのシリーズのフルサイズ・セミウェイテッドアクション鍵盤がKeyStation 88esです。コストパフォーマンスから考えると、88鍵盤が必要な場合はひとまず88esが候補に上がるほど、本機は安価な部類に入ります。

88鍵盤の最大の魅力は、オクターブシフトを使用しなくても鍵盤だけですべての音に対応できる点です。また、音源を内蔵しているいわゆるシンセサイザーとは異なるため、USBからの電源供給だけで使用することができます。また、USBを介してMIDI情報の出力を行うので、配線は非常にシンプルで済みます。その上、MIDI出力端子から他のシンセをコントロールすることも可能です。
Principal Dean Live (mad swing)

AKAI MPK88

KeyStation 88esが価格とシンプルさを追求したのなら、MPK88は本格的なキーボードとMIDIコントローラが融合した、多機能MIDIキーボードです。こちらは打鍵後のタッチをよりリアルなものとしているだけでなく、パッドによりドラムを個別に操作することもできるようになっています。
また、本機にはシンセサイザーのように入力した和音を順番に奏でるアルペジエーターや、様々なパラメータにアサインすることができるツマミ、フェーダーを備えています。そのため、本機はMIDIキーボードやコントローラの基本的な機能を全て網羅したかのようなスペックを誇るのが特徴です。

ちなみに、MPK88には鍵盤を分割しそれぞれを独立させて出力させる、キースプリットというライブ・パフォーマンス用の面白い機能もあります。ただし、本機は重量約23kgと非常に重いので、持ち運びには車が必要不可欠です。その点、88esは機能では劣りますが、重量は7.5kgと圧倒的な軽さです。

The following two tabs change content below.
kdm

kdm

1987年東京都生まれ。夏は潮の香りで南国気分、青空が綺麗な千葉県在住。コードを愛でたいプログラマ/システムエンジニア/スクラムマスター/作曲家。10代の頃、趣味のゲーム/ゲーム音楽と、偶然触ったアコースティックギターがクロスオーバーし、作曲の面白さと奥深さに気付く。その後、想ったことや感じたことを音楽で表現することに興味を持ち、作曲の技法を学び始める。作曲のあまりのハードルの高さに何度も挫折したが、めげずに試行錯誤しながら作曲の技法を学び続けた。その結果、作曲をお願いされるようになり、作曲家の端くれに。本業も音楽も花開いたボロディンが憧れ。サイトを通じて、音楽に関して学んだこと、思ったことを共有したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。